ラボメンバー登録

UXD KURASHI LAB. 特別企画

365日を彩る
豆皿の魔法

2022.11.1|365日豆皿メディア「Mamezara Lab.」として生まれ変わります!

11.1から
「365日を彩る豆皿の魔法」は
MamezaraLab.
として生まれ変わります!

心躍る毎日を。
365日豆皿メディア

Mamezara Lab.は、豆皿の魅力を発掘・探求することで暮らしを楽しむ豆皿専門メディアです。
私たちがつくるのは、”新たな発見”からワクワクが連鎖する世界。
#豆皿ラボ でアイデアを共有すると、やってみた人が現れて、アレンジが加わり、さらに広がって…
脇役だった豆皿が、少しの工夫で、日々を彩るアイテムに大変身していきます。
知れば知るほど深くなる豆皿愛と、広がるときめきをカタチにしたい!
そんな想いから、Mamezara Lab. が誕生しました。
小さくても、可能性は無限大。
毎日をちょこっと鮮やかにしてくれる豆皿の世界を、どうぞお楽しみください。

Mamezara Lab.はこちら

いよいよフィナーレ
豆皿の魅力が大集結!スペシャルイベント開催

2022年4月よりスタートした特別企画『365日を彩る 豆皿の魔法』。
これまでに「#豆皿ラボ」には600件以上のアイデアや作品が投稿されました。

食卓では脇役だった豆皿も、視点を変えると、
暮らしを豊かに彩るアイテムに大変身することがわかってきました。

UXD KURASHI LAB. では、さらにこの輪を広げていくため、
集大成となるイベントを開催します!

豆皿が一堂に集まる夢の2日間。
この機会に、ちょっとしたひと工夫で暮らしが豊かになる体験をしてみませんか?

期間中は、豆皿ラボで紹介してきた豆皿を取り寄せて会場に展示します。
実際に目にして、触れてみて、体験しましょう!

生配信も行いますので、オンラインでも当日の様子をお楽しみいただけます。

2022年10月29日(土)30日(日)
全4回のリアル&オンライン
イベントを開催!

イベントの楽しみ方は3つ!

1. 参加(リアル)
東京都内で開催されるイベントに実際に参加!(事前応募
2. 参加(オンライン)
Zoomで参加し、オンラインでゲストからアドバイスをいただけます。(事前応募
3. 視聴
Zoomで視聴できます。URLは当日までにこちらのページに記載します。(申込不要

※「参加(リアル or オンライン)」は、ラボメンバー限定です。こちらから登録できます。(無料)

01

2022年10月29日(土)
10:00〜11:30開催

オリジナル豆皿をつくろう!

リアル参加のみ

自分好みの豆皿がほしい!
勝村顕飛さんによる絵付けワークショップを開催します。
お子様とご一緒に参加できます。
自分の感性をフルに動かしてみませんか?
絵付け皿の魅力をぜひご自身で楽しんでください。

ゲストプロフィール

勝村顕飛(かつむらあきと)さん
東京に生まれる。
埼玉の自由の森学園へ6年通い陶芸に出会う。
陶芸の専門学校である文化学院芸術専門学校へ。
栃木県益子町で修業も1年で独立、真岡市へ。
3600坪、蔵付き4棟で制作活動。
ある時突然1週間で立ち退きを要求され、埼玉へ逃亡、窯をなくす。
1年後、我慢できずに活動再開、現在の”白磁線象嵌”の技法を編み出す。
個展、企画展、ワークショップ、注文、イベント、等々、陶芸にかかわる事なんでもやりつつ、今に至る。

当日準備するもの

・エプロン(汚れてもよい服)

イベントは終了しました。
ありがとうございました!

02

2022年10月29日(土)
14:00〜15:30開催

季節を楽しむ!
豆皿ディスプレイ

リアル・オンライン参加可能視聴可能

ハロウィン、クリスマス、お正月・・・これから年末年始に向けて、イベントの続く時期。
豆皿を使ってディスプレイしてみませんか?
簡単な飾り方なので、気軽に模様替え気分で楽しめます。
その時期に合う柄や色味、形の豆皿を使います。
基本的な白い丸い豆皿はもちろん、ひょうたん、扇子、星など変形の豆皿も飾りになりやすいです。
普段は使わない豆皿もこれを機に飾ってみましょう!

ゲストプロフィール

みつまともこさん
ディスプレイデザイナー・スタイリスト
多摩美術大学 デザイン科卒業
(株)サザビー(現:サザビーリーグ)にてウィンドーディスプレイ・スタイリングを担当し、退社後フリーランスのディスプレイデザイナーとして活動。
衣食住に関わるさまざまなジャンルのウィンドーディスプレイ・展示会の装飾などを手がける。
また、書籍・雑誌・webではスタイリストとして活動。
撮影のスタイリングや、デコレーションアイデアを紹介する機会も多く、著書「暮らしの図鑑 ガラス」(翔泳社)に続き、新刊「小さなスペースで始める 飾る暮らしの作り方」(翔泳社)が発売中です。

当日準備するもの

・豆皿
・組み合わせてみたい季節感のある小物(ランチョンマットやお盆など)

当日のオンライン参加はこちらから
(Zoomが起動します)

イベントは終了しました。
ありがとうございました!

03

2022年10月30日(日)
10:00〜11:30開催

簡単なのに映える!
豆皿レシピ

リアル・オンライン参加可能視聴可能

お惣菜なのに豆皿に載せるだけで見違える!?
作り置きレシピやアレンジ次第でいろいろな料理に使える一品を教わりながら、実際に豆皿に盛り付けていく実践食卓コーディネート講座です。
ベースとなるのはこちらの3つ。
●肉味噌 ●豆腐のマリネ ●レンチンカボチャ
これを組み合わせて、たくさんの料理に大変身!
お楽しみに!

ゲストプロフィール

Citronヨーコさん
横浜市たまプラーザで料理教室Petit Citronを主宰。身近な素材でできるおもてなし料理・家庭料理・フランス料理のレッスンは主婦の視点とレストラン勤務の経験を組み込んでいる。国内外、産地をめぐり生産者を訪ねる中で本物の味を伝えることを大切にしている。企業のHPレシピ・レシピ開発・商品開発に多数携わる。
・資格:調理師・ジュニア野菜ソムリエ・豆腐マイスター料理講師・フードコーディネーター・懐石料理 講師・いなり寿司マイスター講師・フードアスリートマイスター
・経歴:国内3か所のフレンチレストランにて 勤務 大手料理教室 勤務 FFCC上級コース 卒業 ディプロマ取得 フランス パリ フェランディ校 ディプロマ取得 フランス ルーアン 二つ星レストランGILL 研修
・著書 「いつもの食材で喜ばれるスペシャル・レシピ」 SBクリエイティブ

当日準備するもの

・豆皿
・エプロン
※オンライン参加の方で、一緒に作ってみたい方はレシピを参考の上、ご準備ください。

当日のオンライン参加はこちらから
(Zoomが起動します)

イベントは終了しました。
ありがとうございました!

04

2022年10月30日(日)
14:00〜15:30開催

豆皿カフェでラテアート

リアル・オンライン参加可能視聴可能

ラテアートを豆皿と一緒に楽しみましょう!
おやつの時間も豆皿が大活躍!和柄の豆皿にキュートなお菓子がピッタリです。
今回も、初心者でも楽しめるラテアートを教えていただき、できあがったラテアートと豆皿を組み合わせてティータイムを楽しみましょう。

ゲストプロフィール

acona coffee
茅島亜紀(かやしまあき)さん

千葉を中心に、ラテアートで活動。ラテアートのレパートリー400種類以上。
ラテアート教室、イベント出店、ケータリング、撮影協力等。
「一杯のラテアートで、いっぱいの幸せを!」をモットーに

当日準備するもの

・豆皿
・コーヒーカップ(広めの口がおススメ)
・お好みのお菓子
※オンライン参加の方で、一緒に作ってみたい方はレシピを参考の上、ご準備ください。
※リアル参加の方はお菓子はスタッフにてご用意させていただきますので準備不要です。

当日のオンライン参加はこちらから
(Zoomが起動します)

イベントは終了しました。
ありがとうございました!

参加(リアル or オンライン)
ご希望の方へ

応募者多数の場合、抽選となります。当選者にのみLINEでご連絡致します。
(当選連絡の日程は多少前後する可能性があります。)

●応募〆切:2022年10月16日(日)23:59
●当選連絡:10月17日(月)頃LINE予定 
※確認のためにすぐ返信をお願い致します。

※「参加(リアル or オンライン)」は、ラボメンバー限定です。こちらから登録できます。(無料)
※Zoomでの視聴ご希望の方は、申込不要です。Zoom URLは当日までにこちらに表示します。

ご応募の受付は終了しました。
ありがとうございました!

イベント応募者全員に特製フォトブックを2冊セットでプレゼント!

残念ながらご参加いただけない場合も、#豆皿ラボ 特製フォトブックvol.1とvol.2をセットでプレゼント致します。
LINEでご案内致しますので、お見逃しなく!

みんなのアイデアで生まれた豆皿フォトブック

これまでに寄せられたアイデアや紹介してきた豆皿を、
2種類のフォトブックに仕上げました。
第1弾では食卓、第2弾ではインテリアで豆皿を楽しむ内容になっています。

\第1弾 食卓編が完成!/

フォトブック第1弾がついに完成!
取材にご協力いただいた方や、Instagramの投稿にコメントいただいた方にお届けしています。

「読んでみたい!」という方のために、第2弾の完成後に
「食卓編」と「インテリア編」2冊セットにしてプレゼント企画を行う予定です。
プレゼント企画については改めてお知らせしますので、ぜひチェックしてくださいね。

豆皿フォトブック
イベント応募者全員に
プレゼント!

みなさんの豆皿愛を詰め込んだフォトブックの第1弾がついに完成しました!
今回、イベントに応募した方全員に、完成した「豆皿フォトブック vol.1 食卓編」と、
現在作成中の「豆皿フォトブック vol.2 インテリア編」を2冊セットにしてプレゼントします!

※リアル参加に当選した方には、会場で手渡しします。

もしイベントのリアル参加に落選してしまっても、応募した方全員がフォトブックをもらえますので、
ぜひ奮って応募してくださいね。
フォトブックについては豆皿ラボ公式Instagramをチェック!

豆皿ラボ公式Instagramはこちら

大好評につき第2弾
みんなでつくる豆皿フォトブック

写真の応募期間は終了しました。
たくさんの投稿
ありがとうございました!

Amazonギフトコードが当選された方には、
LINEにてご連絡させて頂きます。

vol.2もやります!

掲載作品へのコメント
キャンペーン開始!


コメントの応募期間は終了しました。
たくさんの投稿ありがとうございました!

豆皿フォトブック第2弾 制作中!

豆皿写真の投稿・コメントを頂いた方へプレゼントする豆皿フォトブック第2弾を制作しています!お届けは11月上旬を予定しています。お楽しみに!また、10/29、30のリアルイベント参加お申し込み頂いた方にも、vol.1とvol.2を2冊セットでプレンゼント! イベント参加お申し込みはこちら

トコシエ・アイスムとのコラボ企画が始動!

自分らしい暮らしを楽しむウェブマガジン【トコシエ】と、「食」を楽しみ、笑顔を届けるメディア【アイスム】
【365日を彩る豆皿の魔法】がコラボした連動企画が始動!
インテリアやつくりおきメニューといったそれぞれの切り口で豆皿を楽しむ連載記事が掲載されていますので、
ぜひ読んでみてください!

オンライン開催
豆皿イベント
レポート公開中!

※イベントに参加するには、ラボメンバー登録(無料)が必要です。

ご協力ありがとう
ございました! 豆皿アンケート結果公開!

「実際、豆皿をどう使ってるの?」
アンケートを実施して、たくさんの回答をいただきました!
どんな結果になったのか、グラフでみていきましょう。

ご自宅の食器、
使いこなせていますか?

豊富に持っていて、どれも使いこなせている14%|豊富に持っているがつかいこなせていない47%|そこそこ持っていて、どれも使いこなせている24%|そこそこ持っているが、使いこなせていない15%

「豊富に持っているが、使いこなせていない」
という方がもっとも多いという結果になりました。

また、豆皿の所持状況については60%の方が
「そこそこ持っている」
という回答でした。

豆皿、
どうやって使っていますか?

お惣菜・漬物などの小口料理用に129pt|刺身醤油や天ぷら塩など調味料入れに124pt|取り皿として52pt|コーディネートを華やかにするために47pt|箸置きとして26pt|その他16pt|使うことがない13pt

第1位は「惣菜・漬物入れとして」。
第2位は「調味料入れとして」。
どちらも定番の使い方ですね。

「コーディネートとして使っている」は第4位。
自分らしい使い方を模索している方は少ないようです。

豆皿は好きで、
よく使いますか?

好きでよく使っている30%|どちらかといえば好きで使っている51%|どちらかといえば好んで使っていない10%|好んで使っていない9%

「好きでよく使っている」
「どちらかといえば好きで使っている」
を合わせるとなんと約81%!

豆皿の好感度はかなり高めという結果になりました。

ちなみに、
豆皿をいいと思う理由は?

かわいいから、見ているだけで楽しい115pt|食卓が彩り豊かになる103pt|盛り付けに便利7pt|子どもやお年寄りにも使いやすい、こぼしにくい19pt|その他7pt

・かわいいから見ているだけで楽しい
・食卓が彩り豊かになる
・盛り付けに便利
という意見が多くありました。

使い方は単調になりがちとはいえ、
豆皿にかわいさと魅力を感じている方が多いことがわかりました!

わが家の豆皿、
大集合!

ハッシュタグ「#豆皿ラボ」で投稿いただいたラボメンバーのお写真を
ちょっとだけご紹介します!

いただいたお写真は、豆皿ラボInstagramにてご紹介させていただく場合がございます。
ぜひチェックしてくださいね!

みんなの豆皿活用法

豆皿のお気に入りの使い方をラボメンバーに聞いてみたところ、
さまざまなアイデアをいただきました!

目立たせたい物があるときなど、メインのお皿に重ねて使います

UXD KURASHI LAB.のイベントに出てから、箸置きとして利用することが増えました。

洋風の豆皿は、ドライフルーツを入れるだけでおしゃれになるので、たまに使っています。

一人ランチは豆皿に少しずつおかずをのせて見た目に楽しくなるようにしています。

たくさんのご回答、
本当にありがとうございました!

いかがだったでしょうか?
豆皿を深堀りしてみると、「本当はもっと活用したい!」というひとりひとりの思いが見えてきました。

そんな声にこたえて、UXD KURASHI LAB.では
豆皿の魅力をもっと満喫できるような企画を用意しました!

豆皿アイデア、
シェアしましょう!

あなたの豆皿アイデアを募集しています!
「#豆皿ラボ」をつけてInstagramに投稿してください。

特別企画公式アカウント

※提供していただいた写真は、個人が特定できない形で公式アカウントで取り上げさせていただいたり、外部向けレポート・PRに使用させていただいたりすることがございます。
※その際、ラボネームやInstagramアカウント(プロフィール画像含む)を表記したり、Instagramアカウントにメンションさせていただくこともございますので、予めご了承ください。

UXD KURASHI LAB.では、ほかにも様々なイベントを企画、実施しています。
公式サイト、公式インスタグラムもぜひチェックしてくださいね。